依頼・作業

フォントはどれを使う? 段落の右側をピッタリ揃えるなら「プロポーショナルフォント」は使わない

どのフォントを使えばいい? フォントには「プロポーショナルフォント」という物があります。例えば「1」と「一」では横幅が違いますよね。「プロポーショナルフォント」の場合は、文字の横幅によって自動的にスペースを詰めるため、文章が間延びせずに読み...
紙書籍

本に使うフォントは「見やすさ」と「ターゲット」で決める

書籍に使用するフォントは「見やすさ」と「ターゲット」の2つの基準から判断しましょう。適切なフォントの選定を行うことで、読者はより快適に文章を理解し、書籍の伝えたいメッセージが効果的に届きます。このページでは、その2つの基準について解説します...
依頼・作業

【依頼内容】「編集」「イラスト」「デザイン」「販売」「プロモーション」何をどこまで頼む?

お客様によって依頼内容は様々です。主な依頼内容は「編集」「イラスト」「デザイン」「販売」「プロモーション」の5つに分けられます。「100出版所」に何をどこまで頼むのか、依頼内容を決めましょう。 編集 本の内容を「面白く」や「わかりやすく」す...
依頼・作業

【作業の進め方】批判しません! 提案のみ! 決定権は常にお客様にあります!

作業進行の際に、私たちからお客様へ様々な提案を差し上げることがあります。例えば「こちらの方が良いかもしれません」や「この方が効果的かもしれません」など、様々なアイデアをご提案させて頂きます。お客様がご提出いただいた内容に関して指摘を行うため...
依頼・作業

【作業をスムーズにする方法】「修正」は「修正点」ではなく「不満点」を伝えよう。「改善点」が提案できる

作業を行うと、必ず修正が発生します。その時に「修正点」ではなく「不満点」を教えて下さい。「修正点」だと根本の原因を把握できないからです。例えば「見出しの文字色を赤に変更」は「修正点」です。「見出しの文字が見にくい」は「不満点」になります。こ...
紙書籍

【本を売る方法】「認知」「興味」「比較」「購入」の4つの壁を越えて販売しよう!

「認知」の壁 本を売るには、まず「認知」の壁を越える必要があります。つまり宣伝などをして、お客様に知ってもらう必要があるということです。ですが知ってもらうだけでは成功しません。その次の「興味」に繋げなければいけないのです。明石家さんまさんが...
紙書籍

作成する書籍の「適正ページ数」を把握しよう(面白い本の作り方)

本には「適正ページ数」があります。「適正ページ数」はジャンルや内容により様々です。ですので、一律で何ページという風にページ数に決まりがありません。では、どうやって「適正ページ数」を把握するのか?その方法は、作りたい書籍のライバルを確認しまし...
依頼・作業

「100出版所」での「料金(費用)」の決め方と「料金を抑える」方法

書籍を作る際の「料金(費用)」の決め方は、その人の状況や内容によって違うため、一概には言えません。しかし、1つ確実なことがあります。我々「100出版所」が関わる箇所が少なければ少ないほど、料金は確実に安くなります。 料金を抑える方法 「10...
依頼・作業

「100出版所」では「誤字脱字チェック」をしません。それにより料金(費用)を限りなく下げています

「誤字脱字チェック」はコストが掛かるが、収益が見合わない作業です。そのため「100出版所」ではクオリティー面の作業に全振りをして、「誤字脱字チェック」などの雑務作業を一切行いません。それにより発生する作業費を限りなく低く抑え、料金(費用)を...
登録・方法

「Word」から「PDF」を書き出す方法を解説

書籍制作時に、Wordでのやり取りが発生することがあります。Wordでやり取りを行うと、パソコンの環境によっては、Wordの表示が崩れる場合があります。そこで表示が崩れる場合は「Word」から「PDF」に書き出して、データをお送りください。...
紙書籍

本に必要な要素4選。「表紙・裏表紙」「目次」「扉ページ」「奥付」

本に必要な要素は4つあります。その4つとは、「表紙・裏表紙」「目次」「扉ページ」「奥付」です。この4つは基本的に、書籍内に入れ込むようにしましょう。 表紙・裏表紙 表紙は、お客様が1番最初に触れる部分です。なので、お客様が興味を持つような見...
面白い本の作り方

【読まれる努力】書籍は1番最初が大事(面白い本の作り方)

書籍は1番最初が大事です。なぜなら読者は「いつでも読むのを止められる」からです。このページでは、なぜ1番最初が大事なのかを解説します。 読者はいつでも読むのを止められる 読者はあなたのファンとは限りません。内容を全部読んでもらえる前提で、本...
登録・方法

「kindle ダイレクト パブリッシング」に登録して書籍を販売しよう

「kindle ダイレクト パブリッシング」とはAmazonで書籍を販売するための販売管理ページのことです。「kindle ダイレクト パブリッシング」に登録しないと書籍を販売することができません。そこでこのページでは「kindle ダイレ...
面白い本の作り方

わかりにくい文章の80%は「説明不足」(面白い本の作り方)

わかりにくい文章の特徴として共通しているのが、説明不足です。このページでは「悪い例」と「いい例」を元に、どのような説明不足があるのかを解説していきます。◆悪い文章の例「りんご大学」によると、1番甘いのは「王林」です。◆いい文章の例1番甘いリ...