面白い本の作り方

紙書籍

本に使うフォントは「見やすさ」と「ターゲット」で決める

書籍に使用するフォントは「見やすさ」と「ターゲット」の2つの基準から判断しましょう。適切なフォントの選定を行うことで、読者はより快適に文章を理解し、書籍の伝えたいメッセージが効果的に届きます。このページでは、その2つの基準について解説します...
紙書籍

作成する書籍の「適正ページ数」を把握しよう(面白い本の作り方)

本には「適正ページ数」があります。「適正ページ数」はジャンルや内容により様々です。ですので、一律で何ページという風にページ数に決まりがありません。では、どうやって「適正ページ数」を把握するのか?その方法は、作りたい書籍のライバルを確認しまし...
面白い本の作り方

【読まれる努力】書籍は1番最初が大事(面白い本の作り方)

書籍は1番最初が大事です。なぜなら読者は「いつでも読むのを止められる」からです。このページでは、なぜ1番最初が大事なのかを解説します。 読者はいつでも読むのを止められる 読者はあなたのファンとは限りません。内容を全部読んでもらえる前提で、本...
面白い本の作り方

わかりにくい文章の80%は「説明不足」(面白い本の作り方)

わかりにくい文章の特徴として共通しているのが、説明不足です。このページでは「悪い例」と「いい例」を元に、どのような説明不足があるのかを解説していきます。◆悪い文章の例「りんご大学」によると、1番甘いのは「王林」です。◆いい文章の例1番甘いリ...
紙書籍

文章力はあるが、構成力がない人が多い理由(面白い本の作り方)

様々な方と書籍制作で関わりましたが、みなさん文章力はあります。しかし構成力がない人が多いです。書籍を作るには、文章力だけではダメです。同時に構成力が必要になります。このページでは、その「構成のやり方」について解説します。 なぜ「文章力はある...
登録・方法

【本が売れない】原因が見つかるマーケティングの4P分析

本を販売したのはいいが、本が売れないという悩みを抱えていないでしょうか?そんな時は、マーケティングの「4P分析」を使いましょう。4P分析とは、物が売れない時の原因を見つけるための方法です。「製品(Product)」「価格(Price)」「流...
面白い本の作り方

【本文の書き方】文章をわかりやすくする方法(面白い本の作り方)

このページでは、書籍の本文の書き方を詳しく解説します。 「面白い目次」の本文を書こう 本文を書くには、まず面白い目次を作る必要があります。その目次の見出しの内容に合わせて、本文を書くのです。目次の詳しい作り方は、下記リンクで解説しています。...
面白い本の作り方

【書籍の構成方法】目次の内容にこだわろう!(面白い本の作り方)

目次は、書籍の構成そのものです。また目次は、映画での予告編であり、YouTubeでのサムネイルでもあります。面白くない本は、まず面白い目次が作れません。なので、目次が面白くないのであれば、本の内容自体を見直すようにしましょう。 目次は見出し...
登録・方法

【いいタイトルの付け方】売れる書籍タイトルとは?(面白い本の作り方)

書籍には「いいタイトル」を付けなければいけません。では「いいタイトル」とは、どんなタイトルなのでしょうか。このページでは「いいタイトル」の付け方を解説します。 「いいタイトル」とは? いいタイトルには様々な説があります。テレビゲームの「ドラ...